高還元SESをやめてリツアンSTCに転職した理由

高還元SESで働いていましたが、1年あまりでリツアンSTCへ転職しました。

リツアンSTCも高還元SESと同様単価で給与が決まる会社です。なぜ同じような会社に短期間で転職至ったのか?リツアンSTCの何が良くって、高還元SESの何がダメだったのか?その理由を上げていきたいと思います。

※高還元SESは前職の高還元SESをもとに記載しています

派遣会社である

転職を決めた一番の理由はリツアンSTCは派遣会社であるということです。

自社で営業している

派遣会社、つまり自社で営業して案件を獲得し自社のエンジニアを発注元(派遣先)に派遣します。発注元とは基本は派遣契約を結びます。

一方高還元SESは仲介会社を通して準委任契約を結ぶケースが多々あります。高還元SESが仲介会社を使うということはエンジニアの給料を犠牲にしているということです。単価連動なので仲介会社に支払う手数料だけ給料が実質下がっていることになります。逆に会社側は営業コストをほとんどかけずに単価の30~40%を受け取るわけですからかなり費用対効果が高くなります。

「仲介案件でも高い案件はある」と主張する高還元SESもいますが、手数料を取られていることには変わりません。
高い単価であれば高い手数料をとられていて、低い単価であれば低い単価がさらに低くなっているということです。その原因は自社が営業に力を入れていないから。これで成果に応じた評価といわれても納得感はありません。

SESもやっていることが派遣業であれば自社で全社員の案件をまかなえることはマストの条件です。会社は自社で案件を獲得し、エンジニアはしっかり仕事に取り組む。この関係性が大事です。

[仲介会社をつかうメリット・デメリット]

メリットデメリット
会社・案件が簡単にたくさんあつまる
・営業コストがさげられる
・利益が少し減る
エンジニア・たくさんの案件から選べる・単価が下がる(=給料が下がる)

偽装請負がない

偽装請負は単純にコンプライアンスの問題、そして待機リスクの問題があります。偽装請負で待機にでもなろうものなら最悪です。単価連動で働くエンジニアにとって待機によって給料が減るわけですから。

そしてこの偽装請負の問題がつきまとうのがSES業界です。高還元SESも例外ではありません。
というより高還元SESは偽装請負多いんじゃないかなと個人的には思っています。前職の高還元SESがそうでしたので。

なぜ高還元SESに偽装請負が多いと思うかというと、高還元SESの掲げる高還元と案件選択制度が理由です。

案件選択制度を実現するためには案件が豊富にないといけません。そこで高還元SESは複数の仲介会社(パートナー企業)と取引し案件を紹介してもらいます。たくさんの案件を集めれる代わりに基本的に単価は相手の言い値かつ準委任契約しか結べなくなります。これが偽装請負の温床となります。

常駐先の社員から作業指示を受けると偽装請負になるので、準委任契約を結んだときSES会社は作業者とは別に責任者を任命する必要があります。発注元の提示している単価が1人分に対しSES会社は2人分の人件費がかかります。責任者は兼任ができるのでもう少し人件費を抑えることは可能ですが、それでもかなりコストがかかることがわかると思います。

で、どうするかというと前職の高還元SESでは責任者を置きませんでした。常駐先の社員の指示のもと作業させます。準委任にもかかわらず派遣の働き方です。つまりは偽装請負ですね。

一方、派遣契約は派遣先の社員から指示を受けてもOKです。リツアンでは偽装請負のリスクがないため安心して働くことができると考えました。

単価が高い

派遣の単価が高いというのは正確でなく、SESの単価が派遣に比べ安くなる可能性があるというのが正しいです。

派遣契約を結ぶには派遣先と自社が直接契約を結ぶ必要があります。SESのように間に仲介を挟むことはできません。仲介を挟まないので無駄な仲介料で単価が下がらない。高還元SESでは仲介料の分だけ減っていた給料が、リツアンでは確実にあがるということです。

還元率が業界トップ

高還元SESでは還元率60%でしたが、リツアンの還元率は68%。前項に書いたように自社での営業することで単価が高く、還元率も高い。より高い給与を望めると思いました。

これでも十分高いですがリツアンでは在籍年数でマージン率が低くなります(=還元率が上がる)。リーダーなど役職に就くと還元率アップなんかは高還元SESでは見られますが、在籍年数で還元率が上がる制度は意外とほかの高還元SESでは見られません。それだけやばい制度だということです。

SESや派遣は年齢が上がると参画しづらくなると言われています。そうなると単価を下げるなど対応が必要になってきますが、在籍年数でマージンが低くなるため単価が下がっても給料はある程度の水準で維持できることが可能です。長く安心して働けるところも魅力でした。

マージン0%がやばい

リツアンでは10年勤務でマージン0%という制度があります。

クライアントへエンジニアを紹介しただけで、派遣会社はその後も継続して同率のマージンを貰い続けててもいいものなのか?派遣会社の最初の1回の紹介が、そこまで価値あるものなのか?

エンジニア側の立場でいえばこの気持ち十分わかりますが、経営者側がこれに疑問を感じ、10年勤務という縛りはありますが会社利益を0円にするというのは並大抵の覚悟ではできません。

「エンジニアための会社を作りました」といいいながら、還元率水増ししていたり、役員報酬だけ上げ続けたり、高い家賃払って一等地にオフィス構えたりする高還元SESとは一線を画しているように感じました。

この制度、いいか悪いかは別にしてエンジニアの給与は上がります。会社に対する貢献度とか意味の分からない基準でなく、エンジニア全員に一律に権利があるのがやばい。語彙力も下がります。こんなぶっ飛んだ制度ほかの高還元SESでは今後も出てこないでしょう。

そんなに還元して経営が傾かないか心配?傾きそうになったらこんな制度やめればいいんです。そもそもおかしい制度なんだから。

オフィス家賃が安い

高還元SESの姿勢がよくわかるのがオフィスだと思います。

野心を持った経営者というものは都心の一等地にオフィスを構えたがります。「オフィスは会社の顔だから立派なことは求職者に安心を与える」と、言うわりには本社のみ金かけて地方はレンタルオフィスやアパートの一室だったりする場合もあります。ただただ経営者が立派なオフィスで働きたいだけに感じる高還元SESもあります。

家賃は一番経費削減できる部分です。
 ・エンジニアの多くは常駐先で働くためオフィスは利用しない
 ・家賃が高ければそれだけ還元できない
「エンジニアのための」高還元SESはまず固定費の代表格であるオフィス家賃を抑えることを考えるわけです。そうなると高還元SESのオフィスはほどほどのオフィスに落ち着くはずです(オフィスで働く内勤の人の環境も大事だから格安もダメ)。

リツアンは心配になるくらい家賃が安い。もっとお金かけてもいいと思えるぐらい家賃が安い。前職の高還元SESの反動もありかなり転職ポイントとして高かったです。

全国採用

関西→九州への転職でもともと高還元SESとリツアンが転職候補としてありました。ただリツアンは最初全国採用とは思っていなくて福岡にオフィスのある高還元SESに転職しました。でもすぐにここはダメだと思って改めてリツアンの求人票見ていたら全国採用でした。今は沖縄にもオフィスがあります。
地方でもとりあえず連絡してみることをお勧めします。

まとめ。リツアンに転職してどうだった?

給料面の満足度はかなり高いです。あえてデメリットを書くなら給与が働く時間に連動するため長期休暇は取りにくい点でしょうか。これはどこの高還元SESでも同じですし、高い給料でカバーできるので考え方次第だと思います。

前職の高還元SESは人には絶対おすすめなんかできませんが、リツアンはおすすめできる会社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました